8月18日(土)、この日は米里営業所において、避難訓練を行いました。
火災ではなく地震を想定した訓練です。
倉庫内で地震が発生した場合、従業員はどういう行動を取ればよいか。
平常時に訓練を行うことで、いざという時に備えておくのはとても大事なことなのです。
それでは避難訓練開始!

まずは仕事中の者は除き、ドライバーと倉庫社員が集まります。
20180818a
訓練内容を伝えます。

それでは本番。
地震だあああぁぁぁっー!
20180818b
倉庫課長が大声で叫び、周囲に注意喚起します。

20180818c
建物の外へ避難誘導します。
全員、避難指定場所へ速やかに移動します。
この時、ラックからの落下物に注意します。

20180818d
2階倉庫にいる者はエレベーターを停止、揺れが収まるまで階段での移動を避け安全な場所へ移動、その間、寄託商品をチェックしています。

20180818e
避難場所へ集合しました。

20180818f
逃げ遅れた者がいないか、人員の確認をします。

その後、責任者は建物内へ戻り、取り残された者や負傷して動けない者がいないか、また寄託商品に不具合はないかを確認して回ります。
20180818h
異常無しと報告し、問題無しと責任者が判断、これにて訓練は無事終了致しました。

20180818i
皆さん、お疲れ様でした。